ガネーシャのファミリー カラフルレジンの神様

1,680円(内税)

購入数

ガネーシャはシヴァ神の息子です。ガネーシャの頭が象である理由がクレイジーで有名です。ことの始まりはシヴァ神(破壊の神)の妻パールヴァティーが自分の垢で人形を作ったことにあった。多分、これも気まぐれに違いないが、すっかり気に入った彼女はその人形に魂を吹き込み息子にしてしまった。そしてまず、この息子に自分が入浴中の門番の役割をいいつけた。

そんなこととは知らずにこの家に戻ってきたのが夫のシヴァだった。でも、シヴァとこの息子は初対面、お互い「入れろ入れない」の押し問答になってしまった。すっかり激昂したシヴァはこの息子を殺そうとしたがなかなか歯が立たない(史上最強の神様のはずなのに…?)。そこでビシュヌの助けも借り、ようやくこの息子の首を切り落とすことに成功した。

しかし、問題はパールヴァティーである。まさか自分の夫が息子を殺してしまうなどと想像もしていなかったから、この事態に激しく動揺し、嘆き悲しんだ。シヴァはもともと同情心の強い神様だから何とかしなければ、という訳で、とにかく家来の悪鬼たちに「すぐに何でもいいから首を用意してこい」と命令した。そこで悪鬼たちが慌てて出発し、ようやく見つけたのがゾウだった。ゾウは哀れにも首を切り落とされ、その首を死んだ息子の胴体につけて生き返らせた。こうして生まれたのがガネーシャである。

ガネーシャは障害を取り除き、福を招く神様とされているため、インドの至るところでガネーシャの絵や像を見かけます。

サイズ・容量
高さ:約10cm 幅:約8cm 厚さ:約6cm 重さ:約200g
規格
■生産地:中国
■素材・成分:レジン
■製造年:2019
■商品札:無し
注意事項

【大きさ】

高さ:約10cm 幅:約8cm 厚さ:約6cm 重さ:約200g

【素材】レジン

【おことわり】現地の大衆向けクオリティ商品になりますので若干のカケ・小さい穴がある場合がございます。
ご了承の上お買い求めください。

レビューはありません。